桜の会

アクセスカウンタ

zoom RSS 「お城で考えたこと」について 一様の通った質屋のその後

<<   作成日時 : 2015/01/15 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

お城で考えたこと」について
こんばんは、樋口一葉の通った質屋の存続について、
昨日の朝日新聞の夕刊に出ていたのでお知らせします。
長谷川 純
樋口一葉支えた質屋、存続の危機 東京・本郷で保存会
藤井裕介、上林格
2015年1月14日16時45分

写真・図版樋口一葉

写真・図版
写真・図版
写真・図版
写真・図版
写真・図版
 「たけくらべ」「にごりえ」などの作品があり、24歳で亡くなった明治時代の小説家・歌人の樋口一葉。短い生涯の晩年、生活に困窮した彼女が通った質屋の建物が東京・本郷に残っている。国の登録有形文化財で、文人の生涯をしのばせる貴重な建物だが、存続の危機に陥っているという。

 一葉が通ったのは、本郷の菊坂に面して立つ「伊勢屋質店」。関係者によると、質屋は1860年の創業で、現在、店舗のあった「見世」と土蔵、座敷棟の三つの建物が残る。いずれも明治時代の建築。1982年に質屋を廃業後は、スタジオとしてドラマの撮影に貸し出すなどしていた。また、年1回、一葉の命日の11月23日に内部が公開されてきた。三つの建物は、2003年に国の登録有形文化財になった。

 登録有形文化財は、国宝や重要文化財と異なり、修理や解体に文化庁長官の許可を得る必要がないなど規制は緩やか。ただ、修理の費用は、設計監理費以外に補助はない。

 100年以上、受け継がれてきた建物を守る所有者の永瀬智江子さんは、これまで床を張り替えたり、トイレを直したりしてきた。今後も屋根を直すなど修理が必要という。「修理のたびに数十万円、数百万円と出してきたが、個人ではもう限界」と永瀬さん。

 所有者から相談を受けた文京区は、教育施設としての活用に興味を示した同区内の私立大学を紹介した。だが賃貸や売買の協議はまとまらず、現在は不動産業者を介して、建物と土地の買い手を探している。

 一方で、旧伊勢屋質店を残そうという地元住民らが昨年末、「一葉が通った旧伊勢屋質店を残す会」を結成した。会長に就いた作家の森まゆみさんらは8日、建物の保存と活用を訴える要望書を成沢広修・文京区長に提出。成沢区長は「購入の意向を示している大学を区が支援し、建物の保存を求めていく」と答えた。

 区は所有者と金額面で折り合いがつくように、大学の予算に上積みをする形で購入費を補助していく考えで、大学側に買い取り交渉の再開を働きかけている。区議会も昨年末、全会派一致で旧伊勢屋質店の保存を求める要望書を区に提出している。

 同区には、正岡子規や石川啄木、サトウハチローなども住んでいた。だが、ゆかりある旧宅などの建築物は残っていない。かつて記念館として区内に残っていたサトウハチローの自宅は、遺族と区の協議がこじれてなくなり、展示品は96年に岩手県北上市にオープンした新しい記念館に移された。

 そんな経緯もあり、住民たちの間には、文人たちの記憶が残る建物が失われていくことへの焦りがあるという。

 森さんは「貴重な財産を公的な形で残すことで区と方向性は一致した」と話す。ただし、大学と区が出せる資金には上限がある。今後、競合相手が現れる可能性もあり、先行きは不透明だ。(藤井裕介、上林格)

     ◇

 《登録有形文化財(建造物)》96年から始まった制度で、建築後50年経ち、歴史的景観を維持するために必要だったり、再現が難しかったりするものが対象。文化審議会の審議を経て登録されれば、家屋の固定資産税が半分になったり、相続財産評価額の3割が控除されたりする。国宝や重要文化財は屋根や間取りを変えるのに文化庁長官の許可が必要だが、登録有形文化財は届け出れば可能になる。

樋口一葉支えた質屋、存続の危機 東京・本郷で保存会
藤井裕介、上林格
2015年1月14日16時45分
・樋口一葉支えた質屋、存続の危機 東京・本郷で保存会[朝日新聞]
http://news.fresheye.com/mart/d3D/r-x0186-d3C-2f/

→過去のニュースをさらに読む
http://news.fresheye.com/search/news/%b0%ec%cd%d5/?d=d3D

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「お城で考えたこと」について 一様の通った質屋のその後 桜の会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる